人生って大変..でも、悪いもんじゃない

転職・失恋。この1年に一度に襲ってきた。良い事無ぇ・無ぇ。そんな時でも、あるんだね、こんな事。
トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップ映画 → オメェに食わせるタンメンは無ぇ!

オメェに食わせるタンメンは無ぇ!

今日改めて研修中に投稿した内容を振り返ってみたけど、
あれですね。





内容はいつも以上にカラッポだし、何より携帯メールって、
入力大変。結構時間かけて打っても、そんな大した量じゃ
ないし・・。








とにかく無事研修終了。仕事の内容などはまたおいおいと
書いて、何かある毎に振り返られるようにしたい。











昨日はUPした後、床に崩れるように寝てしまって、疲れが
全然抜けてないので、DVD鑑賞に。









ちょいと古い映画。

「ウォール街」を観ました。







今はトンと見なくなったチャーリー・シーン主演映画。プラトーンでコンビを
組んだオリバー・ストーン監督作品です。







自分自身、お金を稼ぐ事を何となくマイナスイメージに捕らえていて、
そんな意識が、働く事の意味をネガティブに繋げていたんだなぁ、と
この休職期間に思ったりしたものです。













んで、この映画もお金を稼ぐ事に奔走する姿が描かれています。
「稼ぐ」事は、悪かい?善かい?、と問われている内容で、まさに
自分のこの時期にピッタリの作品でした。














驚いたのが、今、日本でホリエモンや三木谷さんで騒がれている
事が十数年前のアメリカでは日常茶飯事だ、って事。













日本もようやく本当の意味での資本主義社会になってきたのだねぇ、
と、えらく真面目に感じましたよ、えぇ。












あと、道端や株主総会、緑の茂った公園でスパスパ煙草をフカシテ
おります。時代じゃねぇ~。







金融事情や勤めてなくとも、興味深く見られた作品。
仕事に行き詰まっているときに観ると、なお一層
楽しめますね。






モチベーションが上がるのか、「よし、辞めちゃおっ!」
のどちらの感想を抱くのは、観た人の感性っすね。


ウォール街<特別編>
B0006TPEUGマイケル・ダグラス オリバー・ストーン チャーリー・シーン

おすすめ平均
stars経済の話など・・と敬遠するなかれ
stars経済倫理をどう考えるか。
stars今の「日本」で価値ある作品
starsわたしにとっての「人生のバイブル」
stars株に興味がある人限定で「秀作」

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





















スポンサーサイト

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://jinseitaihen.blog33.fc2.com/tb.php/17-29f388ff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。